ウェルカム♡ボタン

  • カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

もしもし、

カテゴリー

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

ともだちのコメント

こんにちは、ネネです。

今年の年賀状に
もも太のブログのアドレスを載せ、
札幌に住んでいたときの親友と
再び連絡を取る機会を
得る事ができました。

毎回コメントを下さるちょろチャンです。

彼女のコメントにいつも励まされ、
ブログを更新する元気をもらっています!

どう表現してよいかわからない気持ちを
読み取ってくれて、彼女の言葉で応えてくれます。

それがすごく的確で!
勉強になり、パワーになります。

前回の日記のコメントにすごく共感して、
それについて日記を残したくなりました。

今回の東北関東大震災で、自分の弱さを再認識。
地震直後の一週間は、
気が張っていたこともあり踏ん張ることができた。
想像以上に、自分が普通の生活を送ろうとしていた。
でも、日が経つにつれて気持ちが弱くなっていく。

被災地の様子や原子路の報道を見る度、
思わず涙が出てしまう。
泣いたところで何も始まらない。
他にするべきことはいくらでもある。
わたしに出来ることは、
家族や大切な人に心配をかけないで行動すること。

それくらいしか、今の自分にはできないな。

でも原子炉に対応している東京電力さんのことを思うと、
思わず泣けてきた。
その家族や恋人の気持ちを考えると、
とても耐えられなかった。
被災地ではないわたしたちの生活も含めて、
守ろうとしてくれる人がいる。

そばにいてほしいに決まっているのに、
命をかけて働いているご主人を
「信じて待っている」と言っていた姿が忘れられない。

もし自分の大切な人があそこで働いているとしたら?
もし放射能と対応する職種についていたら?
仕事と割り切って、
現状を受け止めることができるのかな?

私事だけど、
わたしの大切な人は「電子」機器のメーカーで
開発のお仕事をしている。
一文字違うだけで、大違いの仕事内容。

もし「電気」とか「電力」の会社に勤めていたとしたら…。
もしそれで被災地に行かなくてはいけなかったとしたら…。
わたしは送り出すことができるのか。

正直なところ
あんな最大手に就職できるほどの人物ではないけど。
まぁ、取り越し苦労な話です。(←彼に対して超・失礼)

だけど「電子」でよかったと思ったのは事実。
2時間半、離れた場所で
毎日の仕事に追われている彼に安心してしまった。

安心できない生活を送っている人がいて、
それに守られている自分。
とても不公平な話だけど、
それに救われている自分。
けっきょく何もしていない自分。
なんだか自分を責めることで
バランスを取ろうとしている自分。

そんなずるい気持ちに気が付かせてくれたのが、
普段と変わらない生活を送ろうとしている存在。

わたしは、病気に逃げる癖がある。
その時は普通の生活ができるのだけど、
ほとぼりが冷めるころに体を壊してしまう。
自分の日給よりも
高~い治療費がついてしまうことがしばしば。

だからこそ変わらない日々を大切に。
自分に言い聞かせる。
できることがあれば、
おのずとそれに導かれるだろう。
…なんて思ってみる。
その時に動ける自分でいるために、

今は「あと一時間精神」で過ごしてゆきたい。

2011年3月27日 (日)

もも太の役割

こんばんは、ネネですsun
またまたブログがごぶさたにdown

更新しようupと思いつつ
どんなことを更新したらいいのかなーdash
なんて考えている間に1日が終わってしまいます。

地震があってから
頭がカラカラなるようなネネでさえ
色々考えさせられることが多くなりました。

余震はずいぶんと減ったけれど
今でも千葉は1日2回ほど余震があります。
計画停電もあったりなかったりflairnight
慣れてしまえば、気になるものでもなく
日常に近い生活を送ることができています。

わたしたちの生活を守るために
頑張って下さっている方がいるんだな。

以前からずーっと続いてことなのに
今更ながら、気付いたことです。
おかしな話ですネ。
わたしに出来ることは何もないけれど
せめて感謝だけは忘れずにいようと、再確認。

もも太も知ってか知らずか
普段と変わらない姿で
わたしたち家族を励ましてくれます。
(絶対にわかってないけれどcoldsweats01
もも太がマイペースに生活してくれることが
癒しになっていることは確かですshine

ペッドボトルともも太


ペット(←敢えて、そう言います)
家族の一員になった瞬間から
いっしょに喜んだり悲しんだり
どんな気持ちでも、共有してくれます。

せっかく気持ちを共有するなら
仮に辛くても、後ろ向きな気持ちではいたくないな。
「あ~、不安に負けそうだ。
 でもあと一時間、笑顔でがんばってみようpunch

そんな気持ちで毎日過ごしてゆきたいな。

もも太が来てくれて、良かったheart
変わらず元気でいてくれるもも太が
我が家のMVPですsign01

2011年3月17日 (木)

ご報告

今日、仙台の親戚からお電話を頂きました。
みんなが無事であるという知らせを聞くことができ、とても安心しました。

携帯から更新しているため、読みにくい文章でしたら、すみません。

取り急ぎ、ご報告まで。

2011年3月16日 (水)

こんな時こそ

地震の報道に
胸が痛む毎日ですが
こんな時こそ、笑顔を忘れちゃいけないね。
が合言葉の、もーちゃ一家です。

お気楽なブログを更新することを
少々ためらっていたネネちゃんですが
心配してくれたお友達に

大丈夫だよアピールをしていなかったsign01

と気付き、ブログを更新することにしました。
こんな時に読んでくれる方がいれば、これ幸いribbon

そう。日ごろの行いがイマイチのおいら達も

Dscn2962

地震が起きた当日
この日に限ってみんなバラバラでした。
家族全員が集合したのは、翌日の午前3時半でした。

ネネちゃんは、お仕事のため風でも揺れる
ボロビル・・・いえ、昭和の香り漂うビルにおりまして

ママは、お友達と浅草にあるアサヒビールのビル22階で
ビールに舌鼓をうっていて(ひるまっからsun

・・・おいらは、おうちでお留守番。

なかなかつながらない携帯で
お互いの無事を確認しようと必死でした。
ようやく連絡が取れた時は、安心して膝から

Dscn2964

そして再会できたときは、神様に感謝しました。
けっきょくお布団に入ったのは
もう5時半(夜明けヤンpaperだったけれど
ネネちゃんのお腹でスヤスヤと眠れた時は

Dscn2965_2

って、おいら思いました。
こんなにも安心できて・・・
タプタプ腹の持ち主、もう二人といないでしょうからネ。

少し不便な毎日ですが
笑顔を忘れず、周りと協力し合って生活しています。
ただひとつだけ、悩みがあって

Dscn2971

毎晩、余震が続くせいか

Dscn2972

・・・それ、あたしのセリフΣ( ̄ロ ̄lll)(byネネ)

2011年3月12日 (土)

おしらせ

前回の日記のコメントのお返事をまだしていませんが
地震の被害が心配だったため、先に更新します。

千葉県柏市は震度4の地震でした。
母、わたし、もも太と全員無事でした。

母方の親戚は全員と連絡をとることができました。
ですが、父方の親戚(仙台在住)とは、いまだに連絡が取れません。

もしブログをご覧になった方
ご連絡下さいますよう、お願い致します。

メールアドレス下記の通りです。

momoiro_hoppe★ezweb.ne.jp

(★を@に変換して下さい。)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »