ウェルカム♡ボタン

  • カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

もしもし、

カテゴリー

ウェブページ

無料ブログはココログ

« フロントライン | トップページ | 母の日 »

2012年5月21日 (月)

5月の救世主

こんにちは、ネネですtaurus

5月も残り10日となりました。
ブログの更新が、ご無沙汰ですribbon

薔薇も見頃なイイ季節★
Dcim0049

ショックな出来事があり、体調を崩していました。

大切な人が、わたしと仲良しなために
共通の友達から責められてしまいました。
あ、もう友達じゃないのかもしれないなぁ。

ネネと仲良くしているのは、頭がおかしい。
あんな汚いやつ、どこがいいのかわからない。
病気を盾に、人を傷つけている。

自分が悪く言われることも悲しいけど
そのせいで人が傷つくのを見るのもつらかった。

どうしていいかわからなくて
ごめんね、ごめんね。と謝ることしかできなかったや。

そのことで頭がいっぱいになっていたら
せっかく回復に向かっていたセロトニンの分泌も
悪くなってしまい、薬が効かなくなってしまいました。

また1から新しい薬とのお付き合いが始まりました。

今すごく焦っていて、毎日が怖いです。
なるべく失敗のないように、と意識しているけれど
自分のいない所で、自分が原因で
誰かが傷つくのは、すごく悲しくてつらいことだなぁ。

ちょっとだけ疲れて、いろんなことから逃げたくなって
誰かと一緒にいるのが、少しだけ怖くなってしまう。

そんな時、この子を抱いていると
外に出ようかなって気持ちにさせてくれます。

Dcim0052

ちょっと嫌そうなもも太が、たまらなく好きです。

Dcim0055_2_2

もーちゃと散歩に出れば、綺麗な薔薇を見つけられるし

Dcim0058

「薔薇の花、好きなんだribbon」←誰かさんにアピールしとこうcatface
なんて、悪い事思いついちゃったり

Dcim0057_2

紫の薔薇の花束をもらったママの昔話を聞けて
「ガラスの仮面かよpaper」と笑うこともできる。
(てゆーか、ママに失礼)

そんなこと考えながら、アイスでも食べてりゃ~

Dcim0051_2  満面の笑みになるのだ。

わたしのセロトニンは出にくいらしいけど
もも太がいれば、なんでも出る気がする。

鍋に浸かれば、いい豚汁になれるかもしれない。

なぜ、薔薇から豚汁の話に移行したのだろうか。
まぁ、いいか。

« フロントライン | トップページ | 母の日 »

コメント

ももちゃんを大切にしてるネネちゃんを見てると、本当に愛情が深い子だなぁって思う(^^)

嫌なこと言うひともいるけど、そうゆうひととは関わらない人生をネネちゃんは送っていけばいいよ。そんな理不尽な奴の言葉に傷ついて欲しくない。
通り魔みたいなものだと思おう!

それ言ったやつすごく陰湿な奴だな。
相手次第で態度が豹変してそう。自己評価に関しては大きく勘違いしてそう。
誰のせいでもない事でも自分のミスでも他人のせいにしてそう。
そういう人間性って子供が生まれても、歳を重ねても変わらないよ。

そんな根性悪いのがネネちゃんの心を占めちゃヤダーーー\(*`ε´)/
もっと薔薇咲いてくれー。ももちゃんもいつも通りかわいく生きててくれー。

でも「面倒だから黙っとこう」って隠したり、「なんで守ってくれないのよ」って
怒ったりしないで一緒に受け止める二人は偉いや。

ribbonたぬきちサマ

もーちゃがいると、なんだか優しい気持ちになれるんだ。
薬を飲まなかったり、お散歩で歩かなくなったり
「もー、あんたは!」って言いたくなる日もあるんだけど
やっぱり大好き、大好きheart04離れられない。

通り魔、すごく気に入った~☆
通り魔だと思えば、諦めもつく。
関係ないのに、責められてしまったぐんまくんには申し訳ないけれど
自分を保つために、忘れさせてもらおう。

もう傷つくの終わりにしますend

ribbonちょろサマ

友達だと思っていたけれど、陰(?)で散々言われていたのね・・・。
と見たくなかった部分を見せつけられて、とても動揺したよ。
もう既に結婚していて、子供も生まれて、幸せにやってほしいと思っていたけど
これからは思わない、というか思えない。
以前、その人のことをブログに書いたのだけど
その日記も非公開にするんだ。
でもコメントは残す、大切な人はずっと大切にしたい。
自分のやり方は偏っているかもしれないけど。

責められてしまったぐんま君は、終電ぎりぎりまでかばってくれたらしいよ。
わたしはその場にいなかったのだけど、泣くほど悔しかったらしい。
そこまで傷つけられなきゃいけないキッカケになったのが自分かと思うと
すごく惨めだった。

それで薬が効かなくなった自分も、また情けなくて悔しかった。
でもまた薬が効いてきたよ!
本来の自分が戻って来たような気がするsign03

殻に閉じこもっても、むだ毛ボーボーになっても
一歩外に出てみようと思えば、見方って変わるのかな??
そのきっかけをくれたのは、もも太だshine
そしてあったかい言葉をくれる、大切な友達だ~cherryblossom

よし、まずは・・・むだ毛のお手入れをしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118678/45351743

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の救世主:

« フロントライン | トップページ | 母の日 »