ウェルカム♡ボタン

  • カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

もしもし、

カテゴリー

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月 9日 (金)

うつ病になっています2

前回のつづきです。

動悸が薬で収まり、寝たきりの状態が改善されると
次は感情の乱れが待っていました。

わたしさえいなければ、周りは楽になれるのに。

どうしたらこの世からいなくなれるか、そんなことばかり考えていました。
何度も死のうと思い、包丁を手に取りました。
ここでひとつきしてしまえば、楽になれる。
首に力をこめます。
痛くて、死ねませんでした(笑)

惨めでかっこ悪くて、自分が大嫌いでした。
死にたくなると、チロルが目に入りました。

スヤスヤ眠るチロルを眺めていると、涙が溢れていました。
わたし、死にたくなんかない。
この子と生きていたい。

死のうとして、できなくて、自己嫌悪に陥って、チロルを見つめる。
そして生きなくては!と冷静な自分がちらりと覗きにやってくる。

それを繰り返す内に、ひとりで家にいられなくなりました。
主人が会社に行ってから帰ってくるまで
泣きながら家で待っていました。
今でもどうしてひとりでいられなかったのかはわかりません。
とにかく説明のできない恐怖と感情の乱れが押し寄せていました。

話す内容も考えることもどんどんおかしくなりました。
それを受け止める主人も限界に近付き、自宅近くの心療内科に行きました。
それがターニングポイントとなりました。

そこで処方された薬が合わず、薬アレルギーを発症し救急車で運ばれました。
呼吸困難と身体の痺れ。
どんなに訴えても、どこの病院でも診て貰えませんでした。

そして翌朝、森の診療所に行くことになりました。
そこでようやく「実家に帰ってきて、きちんと治療しましょう。」と言ってもらえました。
嬉しかった。
これで助かると思いました。

薬が合うまで週に1回のペースで通いました。
お金は大変だったけれど、貯金でなんとかやりくりしました。

薬を飲むと、身体がストレスを感じます。
目がうつろになり、ぐるぐると目がまわりだし、口は半開きで
ただ「あぁ、あぁ。」とだけ発し、人間ではなくなります。

その症状を何度も繰り返し、繰り返し…

わたしは、死ぬことを考える回数が減りました。
きっとうつ病から脱却するには、一度ヒトもやめなくてはいけないのだろうな。
なんて、今は思います。

ヒトの形をしたヒトではないものになって、またヒトを作っていく。
第1ステージがクリアした時のお話です。

さて次は第2ステージが待っています。
それは次回に書こうと思います。

思い出すのが、けっこう辛いので、ちょっとずつ残していこうと思います。

2016年9月 5日 (月)

うつ病になっています。

ブログがかなりごぶさたになってしまいました。
4月に動悸の症状が出てから、転がり落ちるように
体調を崩し、うつ病と診断されました。

多忙ではあったけれど、充実していた福島での生活。

さよならをして帰ってきた群馬は、わたしたちを歓迎してくれなかった。
不動産詐欺にあいました。
そしてそれをネタとしか考えられない人からの無神経な一言。
そこに住んでいかなくてはいけない家族が目の前にいるのに
もの珍しさで家を散策し、笑って帰る人がいることも知りました。

引越しの疲れも相まって、5月になると倒れ寝たきりの生活が始まりました。
およそ半月ほどの寝たきり生活。
ご飯は食べられない、身体は動かない。
お風呂に入ることさえ、ままなりません。
腕や足の筋肉は痙攣し、指先は震えます。
座っていられない、石鹸もボディタオルも掴むことができない。
生まれて初めて死のうと思いました。

今は、森の診療所の治療のおかげで回復しました。
これから少しずつ、この病気と一緒に生活してきたことを残していこうと思います。

うつ病はひとりでは助からない病気です。
でも必ず誰かがそばにいて、周りへの感謝を忘れることのないキッカケになります。
どうか同じ病気で苦しんでいる人がいたら、生きることを諦めないでください。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年10月 »