ウェルカム♡ボタン

  • カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

もしもし、

カテゴリー

ウェブページ

無料ブログはココログ

2017年5月31日 (水)

本来の役目

うつ病患者というじゃまもののカテゴリーから脱却するため、まだ治っていないと自覚をしていたが、本来の役割に収まろうと夫の所に戻った。

着せ替え人形になろう。

着せ替え人形は、不便な人形になっていた。
人形なのに情緒不安定、仕事は以前の七割程度しかできない。

半年、勤めさせて頂いた結果、夫の判断はクビだった。

「仕事でイライラしていても、今の君じゃ八つ当たりもできない。その上、鬱病なんて抱えきれないから、この家から出て行ってくれないかな。俺は実家に帰りたくないから。帰って来てほしくなったら、また帰って来てくれていいから。」

人形は人形のままで終われなかった。
3度、自殺未遂をした、どれも失敗した。
役立たずは、死ぬことすらまともにできないのかと思い知った。

居場所を失った人形は、またじゃまものへ立場を変えた。
そしてわたしは妻という仕事を失い、抜け殻になった。

愛されてみたかった、人間として。
許されたかった、生まれてきたことを。

じゃまもの

うつ病になり、耐えきれなかった言葉。

あんたは苦しいか知らないけど、そばにいるこっちも頭がおかしくなりそうなのよ!
母は、半ば叫びながらわたしに訴えた。

君は無意識に人の心を傷つけ、被害者面をするけれど、君こそ加害者なんだよ。
役立たず。
君を必要とする世界はこの世にはないよ。
何を頑張りたいのかわからないけど、何が待っていると思っているの?


大学院時代に指導教授に言われた言葉と重なった。
まさかそれを母親に言わせてしまうとは思わなかった。

わたしに待っていたものは、じゃまものというカテゴリーだった。

死ぬことが憧れだった

死ぬことに憧れていた。
朝、起きたら・・・もう全てが終わっていたらいいのに。

結婚してからの一番の願い事。
もう死ねばいいのに、わたしなんて。
この世からいなくなればいいのに。
きっと主人は泣いてくれるだろう、そして忘れてくれるだろう。

わたしは、死ぬことに憧れていた。

泥棒と鉢合わせした時、怖れることもなく叫ばなかったのは、泥棒がナイフを持っていたから。
苦しまずに殺してくれるならば、泥棒ですら天使と思えたかもしれない。

でも泥棒は何もせず、わたしの鞄だけを持って、逃げてしまった。
あの日、叫べば暴行した後に殺していたと供述をしていたそうだ。
ただ、あの子は叫ばずに扉を閉めたから、何もしないで帰った。
刺す必要がなかったそうだ。

主人は、翌日だけ銀行の手続きで会社を休んでくれた。
それからは放置され、飲み会に繰り出していた。

母は叔父の会社に税務署が来るため、わたしのことどころではなかった。
あんたが帰ってくるなら構わないけど、ママはそばにはいてあげられないよ?
それでもよければ帰ってくれば?

帰って来るな、というように聞こえた。
誰からも関心を持たれないのならば、なぜあの日無事だったのだろう。
ならば、いっそひとりで泣いていた方が幸せだ。
わたしには女中という立派な仕事がある。

わたしは結婚してから、夫の着せ替え人形になった。
お気に入りのお洋服とアクセサリーを身に付けた人形だった。
だけど名目は妻だったから、家事という仕事が与えられたスタッフと一緒だった。

夫という立場の人を立て、恥ずかしくない妻を演じる。
厚生年金と衣食住がわたしのお給料だ。
あとは、夫の排泄の為に身体を差し出せば家の中が荒れることはなかった。

骨が浮き出た身体を求められなくなるのは必然で、後半は排泄のみの道具になった。
泣いても痛いと訴えても、事が終わるまでわたしの苦痛は続く。
ならいっそ、痛みも涙もすべて感じなければいいだけだ。

関心は持たれないけれど、必要とされているのならば、まだ幸せなのかもしれないと思い日々を過ごした。

小さな命のぬくもりを抱きしめて、チロルの小さな鼓動がわたしの鼓動だった。

うつ病とその後

うつ病と戦い続けてもうすぐ一年が経とうとしています。
わたしは、捨てられました。

ゴミのように・・・。

うつ病として発症したのは2016年の出来事でしたが、わたしの闘病生活は2013年から始まっていました。
主人の発達障害がわかったのは、結婚から3か月後の出来事でした。

ご主人はコミュニーション能力において発達障害を持っています。
義母と義姉については5歳児から成長がみられません。


隣に主人がいる。
彼は目すらも動かさない。ただそこにじっと座っているだけ。
夫婦カウンセリング初日の診断だった。

わたしは主人に隠れてセカンドオピニオンを兼ねて別の病院に行った。
発達障害という言葉は伏せて、荒れ狂う家庭の現状を説明した。

今すぐ離婚できますか?そうすれば、あなたは治ります。
それともお薬を服用しながら、結婚生活を続けますか?
治る保証のないご主人の症状に望みをかけて。

「健康な時もそうでない時も、夫を愛しそばにいることを誓いますか?」
結婚の誓いが頭の中をぐるぐるとしていた。

考え させて ください。

途切れ途切れになる答え。やっと言葉に出せた一言だった。
それから考えながら、3年が経ち
生活をしていく内に、わたしは自分を見失い鬱病にかかった。

吐き続ける毎日、泣き続ける毎日、片付け続ける毎日。
ひとつひとつと向き合い、闘い、問題を解決していく中で感じたこと。

わたしは彼の隣に居て、心から笑う日が来るのだろうか?

そんな疑問がふと沸いて出てきてしまった、あの日。
わたしの頭のスイッチが、カチリと音を立てて切れた。

そうしてわたしは、主人のお荷物になったあの日から捨てられるためにうつ病の治療を始めたのも同然だったのだ。

2016年9月 5日 (月)

うつ病になっています。

ブログがかなりごぶさたになってしまいました。
4月に動悸の症状が出てから、転がり落ちるように
体調を崩し、うつ病と診断されました。

多忙ではあったけれど、充実していた福島での生活。

さよならをして帰ってきた群馬は、わたしたちを歓迎してくれなかった。
不動産詐欺にあいました。
そしてそれをネタとしか考えられない人からの無神経な一言。
そこに住んでいかなくてはいけない家族が目の前にいるのに
もの珍しさで家を散策し、笑って帰る人がいることも知りました。

引越しの疲れも相まって、5月になると倒れ寝たきりの生活が始まりました。
およそ半月ほどの寝たきり生活。
ご飯は食べられない、身体は動かない。
お風呂に入ることさえ、ままなりません。
腕や足の筋肉は痙攣し、指先は震えます。
座っていられない、石鹸もボディタオルも掴むことができない。
生まれて初めて死のうと思いました。

今は、森の診療所の治療のおかげで回復しました。
これから少しずつ、この病気と一緒に生活してきたことを残していこうと思います。

うつ病はひとりでは助からない病気です。
でも必ず誰かがそばにいて、周りへの感謝を忘れることのないキッカケになります。
どうか同じ病気で苦しんでいる人がいたら、生きることを諦めないでください。

2015年10月20日 (火)

修正版(安らぐ場所」)

※脳のホルモン分泌の働きをするところがマイコプラズマという病原菌に感染しました。
そのせいか相手からの言動を深読みしすぎてしまう症状が表れ
自分の許容範囲を超えた時に、日記を書きました。
余計な心配をおかけしてはならない!
と今更気が付いたため、非公開にします。

最近、自分の能力について考えさせられることがたくさんあります。
期待外れだったり、望まぬ言葉を発してしまったり、失敗が目立ちます。
時と場所にあった対処法をきちんとできるようになりたい、と意識して生活しています。

2015年9月17日 (木)

お知らせ

ブログが投稿できなくなってしまいました。
少し様子をみます。

2015年6月25日 (木)

無題

たとえば自分が役立たずな人間だと知った時、どうやってその道から軌道修正すればいいのだろうか。

能力も実力もないのに、ただ自分の気持ちだけで、他人の生活に踏み込めば、それは相手にとっての不快な材料となる。

それに悪意がなくても、役に立てるほどの能力も実力もなければ、そこに踏み込まないことが「役に立てない人間」の正しい行動なのだと知った。

相手の要求に応えられるほどの能力を持っているなんて、自分の実力を過信しているわけではなかったけれど。
実力がないなら、かかわらないでほしいと思う相手がいることは当然だ。

もう少し、役に立つ人間になりたかった。
もう少し、誰かを邪魔しない人間になりたかった。

今まで30年間、なぜわたしが周りから疎ましい存在だったのか、ようやく分かった気がした。

2014年11月 5日 (水)

明日も明後日も

2014年11月1日

親友のK子が結婚式を挙げました。
Pb011571おめでとう!

小学校・中学校・高校、学生生活を一緒に過ごしてきたK子。
嬉しいときも悲しいときも、隣にいてくれた、大切な親友。
決してウソをつかず、わたしが間違っているときは、正してくれた。
ありのままのわたしを受け止めてくれた、大好きなひとです。

K子は、見た目はいつもクールであまり動じない性格と思われがちだけど
(確かに、1100ccのバイクを倒しかけても動じなかった話には驚いたけど)
すごく繊細で、泣き虫なところもあって、優しい女の子。

これからどんな試練があろうとも

Pb011400ふたり手をとりあって

必ず解決策はあるはずだから

Pb011409_2前を向いて歩いてね。

わたしは、その笑顔をみられるだけで

Pb011605幸せだよ。

K子の趣味は、旅行先でおいしいものを食べること!というだけあって
今まで参加した結婚式では一番もぐもぐしていた花嫁さんだった。

Pb011741ここではチューっと。

にもかかわらず、とってもスリムで驚いた(笑)
モデルさんみたいに、ナイスバディ!

Img_1303_2


Pb011675_2

でもその食べてる姿が大好きだから、これからももぐもぐしてね(笑)

Pb011744_2

わたしに言われたかないだろうけど、お互い結婚してから
けっこう体重を落としてしまったから、ちょっと肉体改造しようね。
わたしもちゃんとご飯、食べるよ。

幸せにならないと許さないから~~~!

Pb011640

2014年7月16日 (水)

わかってほしいこと

わたしは、正論で人を傷つけることが多い。

自分では傷つけようと思って言っているわけではないのだけど
『言い訳ができない、責め立て』をしているらしく
相手は、言い返すことができないらしい。

主人に
「まっすぐ幸せな人生を歩いてきた人は正論で語れるだろうよ。」
という言葉で刺された。

仮に今までの体験や経験で、わたしが正論を好むのだとしたら
わたしの人生はまっすぐで幸せだったのだろうか。

不幸だなんて思ったことはない。
思ったら、親不孝だ。
こんなに大事にしてもらって、理解ある友達に恵まれて。

でも、今の自分になるまでの道のりは、幸せだけじゃなかったんだよ?

父親を亡くしてまで、今の自分になりたいかと聞かれたら、そんなことない。
青春時代を病気と向き合うことで大半を過ごしてまで
今の自分になりたいかと聞かれたら・・・

やっぱり、今の自分より健康体の自分を選ぶ。

今までの自分の生き方に後悔しているとは言いたくない。
それでも、犠牲にしてまで得たかったものだったかと聞かれたら

うわべだけのわたしで、すべてを判断しないで。

たとえ父との仲が良くなくても、生きていてほしかった。
たとえ弱さを受け入れる覚悟ができても、病気にはなりたくなかった。

正論で自分を固めないと、立っていられなかったんだよ。
正論で自分を律していなければ、他人をうらやむ人生になりそうだったんだよ。

少しでも、生き方を豊かなものにできるなら、
無理をしてでも、それが周りから「いいこぶりっこ」に見えても
他人を羨み、妬み、僻むような人にはなりたくなかった。

毎月検診に通って、その結果で一喜一憂している生活をしていると
他人を羨んだり、ねたんだり、僻みそうになることもある。

だけど大好きな人達にそんな感情を持ちたくない。
そんな人生、選びたくない。

より以前の記事一覧